e-magazine LATINA

広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの…

e-magazine LATINA

広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)

リンク

マガジン

  • 世界の音楽情報誌「ラティーナ」

    「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。

  • Web版 2024年2月

    2024年2月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには定期購読マガジンの「ラティーナ」(月額900円)の方をご購入ください。 (※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

  • Web版 2024年1月

    2024年1月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには定期購読マガジンの「ラティーナ」(月額900円)の方をご購入ください。 (※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ストア

  • 商品の画像

    宮沢和史『島々百景2』

    文と写真・宮沢和史 月刊ラティーナ2019 年 8 月号から、e-magazineLATINAに変わった2023 年 4 月までの連載「島々百景」が単行本化されました。 “シマ”で出会う人々や音楽、自然、またコロナ禍でライブができない状態だったもどかしさ……、その時の宮沢さんの想いが綴られています。 いくつになっても自分は旅が好きだ。旅先で独り裸になって自分の質量を実感すると、己の小ささ、弱さを再認識しながらもそれを払拭するぞ!という〝正〟のエネルギーが漲ってくる。自分と誰かを比べたりするのではなくて、誰もがひとつの同じ船に乗って暮らしていることを発見できる。〝人生は旅だ〟と使い古された言葉で格好をつける気はないが、〝旅の連続が人生を形作ってく〟という言い方はできるように思う。(あとがきより)
    3,300円
    latinaonline 株式会社ラティーナ
  • 商品の画像

    キンテート・デル・アンヘル『父アンヘルの愛した日本』|Quinteto del Ángel『Un Ángel en Japón』(MUSAS-7021)_LLTAR_

    いよいよ来日!2024年民音タンゴシリーズの来日記念盤です! 1.センチメンタルとカンジェンゲ Sentimental y Camyengue 2.ロス・マレアードス Los mareados 3.チェ・バンドネオン Che Bandoneon 4.天使のタンゴ Tango del Ángel 5.エスクアロ Escualo 6.アサバ−チェ Azabache 7.南に帰る Vuelvo a sur 8.ジェラシー Celos 9.ブエノスアイレスへの帰還 Siempre se vuelve a Buenos Aires 10.父アンヘルの愛した日本 Un Ángel en Japón ウンベルト・リドルフィ /リーダー、バイオリン&作編曲 ニコラス・エンリッチ / バンドネオン 作編曲 ビオラ・エリザベス・リドルフィ /ビオラ アドリアン・エンリケス / ピアノ・作編曲 マヌエル・ゴメス/コントラバス バネッサ・キロス /歌手 録音時期 2023年10~12月 録音場所:ブエノスアイレス イオン・スタジオ
    2,800円
    latinaonline 株式会社ラティーナ

記事一覧

[2023.3]【境界線上の蟻(アリ)~Seeking The New Frontiers~6】 AD(山崎昭典 x drowsiness)feat. 鈴木昭男、安田敦美 / T…

文●吉本秀純 Hidesumi Yoshimoto  2001年から03年にかけて日本のサウンド・アートの先駆者である鈴木昭男のアシスタントとしていくつかの作品の録音に関わり、その後も…

e-magazine LATINA
11か月前
12

[2023.3]【太平洋諸島のグルーヴィーなサウンドスケープ㉜(最終回)】 資源 resources、波 wave、生命 life ― 太平洋諸島の…

文●小西 潤子(沖縄県立芸術大学教授)  ミクロネシアから出発し、メラネシア、ポリネシアの島々へと東に航路をとり、ハワイから小笠原、沖縄、八重山諸島に折り返し、…

e-magazine LATINA
11か月前
11

[2023.3]【アントニオ・カルロス・ジョビンの作品との出会い㊱】ジョビンが長く追い求めた、鳥の姿をした精霊 - Matita Per…

文と訳詞●中村 安志 texto e tradução por Yasushi Nakamura  1973年。それまで、米国などで大きな成功を収めつつ、大手レコード会社のレーベルで作品を世に出してき…

e-magazine LATINA
11か月前
230

[2023.3] 【島々百景 第81回】 端島 長崎県

文と写真:宮沢和史  江戸時代後期に長崎県沖で見つかった大規模な炭鉱を明治20年代に民間が買い取り、埋め立て工事をして人工島とした “端島(はしま)” をご存知だろ…

e-magazine LATINA
11か月前
55

[2023.3] 訃報|芸術性の高さで知られるブラジルのギタリスト、テオ・ヂ・バーホス(Theo de Barros)逝…

 その芸術性の高さで知られるリオ出身の作曲家、ギタリスト、アレンジャー、歌手のテオ・ヂ・バーホス(Theo de Barros|本名 Theofilo Augusto de Barros Neto)が、3月1…

e-magazine LATINA
11か月前
51

[2023.3]最新ワールドミュージック・チャート紹介【Transglobal World Music Chart】2023年3月|20位→1位まで【聴きながら読…

e-magazine LATINA編集部がワールドミュージック・チャート「Transglobal World Music Chart」にランクインした作品を1言解説しながら紹介します! ── ワールドミュージッ…

e-magazine LATINA
11か月前
13
[2023.3]【境界線上の蟻(アリ)~Seeking The New Frontiers~6】 AD(山崎昭典 x drowsiness)feat. 鈴木昭男、安田敦美 / Ta Yu Ta I

[2023.3]【境界線上の蟻(アリ)~Seeking The New Frontiers~6】 AD(山崎昭典 x drowsiness)feat. 鈴木昭男、安田敦美 / Ta Yu Ta I

文●吉本秀純 Hidesumi Yoshimoto

 2001年から03年にかけて日本のサウンド・アートの先駆者である鈴木昭男のアシスタントとしていくつかの作品の録音に関わり、その後も昭男氏が聴いている音を求めて京都北部の丹後半島に在住しながら活動を続けるギタリスト/作曲家の山崎昭典。05年にリリースされた彼の初のアルバム『RED FIELD』は、クラシック・ギターの演奏と電子音響を独自のスタン

もっとみる
[2023.3]【太平洋諸島のグルーヴィーなサウンドスケープ㉜(最終回)】 資源 resources、波 wave、生命 life ― 太平洋諸島の音楽文化への旅の澪標 ―

[2023.3]【太平洋諸島のグルーヴィーなサウンドスケープ㉜(最終回)】 資源 resources、波 wave、生命 life ― 太平洋諸島の音楽文化への旅の澪標 ―

文●小西 潤子(沖縄県立芸術大学教授)

 ミクロネシアから出発し、メラネシア、ポリネシアの島々へと東に航路をとり、ハワイから小笠原、沖縄、八重山諸島に折り返し、台湾へと西まで戻ってきた本連載記事。2020年8月から32回目にあたる今回は、太平洋諸島のグルーヴィーなサウンドスケープの総集編です。
 
 青い空と美しい海、ダイビングなどのマリンスポーツやリゾート、体格のよいラグビー選手…本連載記事で

もっとみる
[2023.3]【アントニオ・カルロス・ジョビンの作品との出会い㊱】ジョビンが長く追い求めた、鳥の姿をした精霊  -  Matita Perê

[2023.3]【アントニオ・カルロス・ジョビンの作品との出会い㊱】ジョビンが長く追い求めた、鳥の姿をした精霊 - Matita Perê

文と訳詞●中村 安志 texto e tradução por Yasushi Nakamura

 1973年。それまで、米国などで大きな成功を収めつつ、大手レコード会社のレーベルで作品を世に出してきたジョビンが、初めて自費制作を試みたアルバムがリリースされました。ニューヨークのスタジオで独自録音された、Matita Perê(マチータ・ペレー)です。

 60年代初期までのボサノヴァ・ブームの

もっとみる
[2023.3] 【島々百景 第81回】 端島  長崎県

[2023.3] 【島々百景 第81回】 端島 長崎県

文と写真:宮沢和史

 江戸時代後期に長崎県沖で見つかった大規模な炭鉱を明治20年代に民間が買い取り、埋め立て工事をして人工島とした “端島(はしま)” をご存知だろうか? 島全体を護岸堤防で固め、採掘するための巨大な施設、そこで働く人達が家族単位で暮らすための団地や公共施設、映画館などの娯楽施設や神社なども完備された天空の城ならぬ、まさに海上の城...。その姿が軍艦土佐を連想させることから“軍艦

もっとみる
[2023.3] 訃報|芸術性の高さで知られるブラジルのギタリスト、テオ・ヂ・バーホス(Theo de Barros)逝く

[2023.3] 訃報|芸術性の高さで知られるブラジルのギタリスト、テオ・ヂ・バーホス(Theo de Barros)逝く

 その芸術性の高さで知られるリオ出身の作曲家、ギタリスト、アレンジャー、歌手のテオ・ヂ・バーホス(Theo de Barros|本名 Theofilo Augusto de Barros Neto)が、3月15日に、住んでいたサンパウロで亡くなりました。80歳の誕生日から5日後のことでした。死因は明らかになっていません。テオの息子で、テオと同じくギタリストとして活動し、近年の共作者でもあったヒカル

もっとみる