e-magazine LATINA

広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの…

e-magazine LATINA

広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)

リンク

マガジン

  • 世界の音楽情報誌「ラティーナ」

    「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。

  • Web版 2024年6月

    2024年6月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには定期購読マガジンの「ラティーナ」(月額900円)の方をご購入ください。 (※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

  • Web版 2024年5月

    2024年5月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには定期購読マガジンの「ラティーナ」(月額900円)の方をご購入ください。 (※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ストア

  • 商品の画像

    アジア選手権2024 2日券前売りチケット(6/22&23)(こちらでの受付は終了し今後は当日券となります)

    2024/6/21追記 これ以降は当日受付にて販売いたします。 2024/6/19追記 ★6/22(土)開始時間が変更になりました! Jack&Jill部門のスタート時間は13時予定でしたが、11:30に変更になりました。ご注意ください! ★販売期間について 発送する場合には、6/19(水)16時までのご注文について対応いたします。 それ以降のご注文につきましては、会場でのお渡しとなります。なお、送料をその場でご返金いたします。 こちらからご購入できるのは、6/21(金)18時までといたします。 2024年アジア選手権のチケットです。 このチケットは、2日ともご入場できる2日券チケットとなります。 前方から5列目までのお席となります。 両日とも同じお席でご観覧いただけるお得なチケットです! タンゴダンスアジア選手権2024は、以下の日程で開催いたします。 2024年6月22日(土)、23日(日) 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール 1日目(22日)13:00スタート予定 Jack&Jill部門、ミロンガ部門、ワルツ部門、セニョール部門、ピスタ部門(予選のみ) 2日目(23日)10:30スタート予定 ステージ部門(予選〜決勝)、ピスタ部門(準決勝、決勝) campeonato2024
    9,000円
    latinaonline 株式会社ラティーナ
  • 商品の画像

    アジア選手権2024 2日目(6/23)前売チケット(こちらでの受付は終了し今後は当日券となります)

    2024/6/21追記 これ以降は当日受付にて販売いたします。 2024/6/19追記 ★6/22(土)開始時間が変更になりました! Jack&Jill部門のスタート時間は13時予定でしたが、11:30に変更になりました。ご注意ください! ★販売期間について 発送する場合には、6/19(水)16時までのご注文について対応いたします。 それ以降のご注文につきましては、会場でのお渡しとなります。なお、送料をその場でご返金いたします。 こちらからご購入できるのは、6/21(金)18時までといたします。 ★6/19現在、販売できるお席は17列目以降となります。それより前は完売です。 左右の端でしたら、前の方の列でも若干ご案内できます。 前の方でご観覧されたい場合は、2日券をご購入ください。 2024年アジア選手権のチケットです。 このチケットは、6/23(日)に開催される2日目のチケットとなります。 1日目のチケットではありませんので、ご注意ください! タンゴダンスアジア選手権2024は、以下の日程で開催いたします。 2024年6月22日(土)、23日(日) 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール 1日目(22日)13:00スタート予定 Jack&Jill部門、ミロンガ部門、ワルツ部門、セニョール部門、ピスタ部門(予選のみ) 2日目(23日)10:30スタート予定 ステージ部門(予選〜決勝)、ピスタ部門(準決勝、決勝) campeonato2024
    4,900円
    latinaonline 株式会社ラティーナ

記事一覧

[2024.2]【境界線上の蟻(アリ)~Seeking The New Frontiers~16】サインホ・ナムチェラク&内橋和久(トゥバ、日本)

文●吉本秀純 Hidesumi Yoshimoto  このコラムのvol. 12でも紹介したモンゴル出身でドイツを拠点に活動するエンジ(Enji)や、鮮烈なインパクトのMVを次々と制作してワ…

e-magazine LATINA
3か月前
10

[2024.2]【連載タンゴ界隈そぞろ歩き ⑪】酔っぱらいとクルド人とカボチャとロマ

文●吉村 俊司 Texto por Shunji Yoshimura 2023年11月の本連載でタンゴと酒の関係について取り上げたが、その中で紹介した "De puro curda", "La última curda", "El c…

e-magazine LATINA
3か月前
6

~音楽をてがかりにラテンアメリカ地域にアプローチ~ 2024年度立教大学ラテンアメリカ講座受講生募集中!

2024年度立教大学ラテンアメリカ講座受講生募集中!~音楽をてがかりにラテンアメリカ地域にアプローチ~ 「ラテンアメリカ論Ⅰ(音楽)」 講師:石橋純(東京大学教授) *…

e-magazine LATINA
3か月前
5

「ブラジル映画祭 in 東京 2024」の情報まとめ 【チケット販売開始!】

 3月8日(金)から3月14日(木)まで、東京・渋谷のユーロスペースで、「ブラジル映画祭 in 東京 2024」が開催されます!  開催情報は、駐日ブラジル大使館によるSNSで…

e-magazine LATINA
3か月前
13

[2024.2]【中原仁の「勝手にライナーノーツ」 ㊸】 Zé Ibarra, Dora Morelenbaum, Julia Mestre 『Live at Grasshaus』

文:中原 仁  現在、ファースト・アルバム『SIM SIM SIM』のサイクルを終える国内ツアー中のバーラ・デゼージョ。“活動停止”、“解散” とは名言していないが、これが…

e-magazine LATINA
4か月前
5

キンテート・デル・アンヘル、父アンヘルの愛した日本 Production Notes

文・本田 健治  今、日本を縦断公演しているキンテート・デル・アンヘルの公演。東京は2月13日文京公会堂で、昼夜満員の大盛況で、強烈な演奏で、日本のタンゴ・シーンに…

e-magazine LATINA
4か月前
4
[2024.2]【境界線上の蟻(アリ)~Seeking The New Frontiers~16】サインホ・ナムチェラク&内橋和久(トゥバ、日本)

[2024.2]【境界線上の蟻(アリ)~Seeking The New Frontiers~16】サインホ・ナムチェラク&内橋和久(トゥバ、日本)

文●吉本秀純 Hidesumi Yoshimoto

 このコラムのvol. 12でも紹介したモンゴル出身でドイツを拠点に活動するエンジ(Enji)や、鮮烈なインパクトのMVを次々と制作してワールドワイドな注目を高めているシベリアの先住民族チュルム人のメンバーで構成された新世代グループのオティケン(Otyken)など。伝わってくる情報などは少ないながらも、これまでにない感覚を放つ音楽家が次々と台頭

もっとみる
[2024.2]【連載タンゴ界隈そぞろ歩き ⑪】酔っぱらいとクルド人とカボチャとロマ

[2024.2]【連載タンゴ界隈そぞろ歩き ⑪】酔っぱらいとクルド人とカボチャとロマ

文●吉村 俊司 Texto por Shunji Yoshimura

2023年11月の本連載でタンゴと酒の関係について取り上げたが、その中で紹介した "De puro curda", "La última curda", "El curdela", "Duelo curda" といった曲のタイトルに含まれる "curda" という語 ("curdela" は派生語) が今回のテーマである。

もっとみる
~音楽をてがかりにラテンアメリカ地域にアプローチ~ 2024年度立教大学ラテンアメリカ講座受講生募集中!

~音楽をてがかりにラテンアメリカ地域にアプローチ~ 2024年度立教大学ラテンアメリカ講座受講生募集中!

2024年度立教大学ラテンアメリカ講座受講生募集中!~音楽をてがかりにラテンアメリカ地域にアプローチ~
「ラテンアメリカ論Ⅰ(音楽)」 講師:石橋純(東京大学教授)
*上記の科目は対面とハイブリッド型授業。
遠方の方もオンラインで受講できます。

◇申込締切:2024年3月25日(月)Web出願

◇受講料:登録料15,000円(単年度有効)
+授業料25,000円(1科目通年、年間授業数25~2

もっとみる
「ブラジル映画祭 in 東京 2024」の情報まとめ 【チケット販売開始!】

「ブラジル映画祭 in 東京 2024」の情報まとめ 【チケット販売開始!】

 3月8日(金)から3月14日(木)まで、東京・渋谷のユーロスペースで、「ブラジル映画祭 in 東京 2024」が開催されます!

 開催情報は、駐日ブラジル大使館によるSNSで告知されていて、HPとかは今のところ立ち上げにならなそうなので、勝手ながら、こちらで情報をまとめてみました。ほら、SNSをあまり触らない人もいるでしょ…!?!

 まず、名前も開催場所も一緒ですが、2015年まで渋谷・ユー

もっとみる
[2024.2]【中原仁の「勝手にライナーノーツ」 ㊸】 Zé Ibarra, Dora Morelenbaum, Julia Mestre 『Live at Grasshaus』

[2024.2]【中原仁の「勝手にライナーノーツ」 ㊸】 Zé Ibarra, Dora Morelenbaum, Julia Mestre 『Live at Grasshaus』

文:中原 仁

 現在、ファースト・アルバム『SIM SIM SIM』のサイクルを終える国内ツアー中のバーラ・デゼージョ。“活動停止”、“解散” とは名言していないが、これがファイナル・ツアーで、4人のメンバーはソロやバンドの活動に戻るのだろう。そうなることは漠然と予期していたので、メンバーの一人(ルーカス・ヌネス)を欠いた編成ながら昨年、初来日が実現し、FESTIVAL FRUEZINHO202

もっとみる
キンテート・デル・アンヘル、父アンヘルの愛した日本 Production Notes

キンテート・デル・アンヘル、父アンヘルの愛した日本 Production Notes

文・本田 健治

 今、日本を縦断公演しているキンテート・デル・アンヘルの公演。東京は2月13日文京公会堂で、昼夜満員の大盛況で、強烈な演奏で、日本のタンゴ・シーンに強烈な足跡を残した。当然事前に用意していた物だが、このままにするのはもったいないので、ここに一気に掲載。

 キンテート・デル・アンヘル。1年前、この名前を聞いてすでに知っていた人は相当なタンゴ通だったに違いない。ウンベルト・リドルフ

もっとみる