e-magazine LATINA

広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの…

e-magazine LATINA

広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)

リンク

マガジン

  • 世界の音楽情報誌「ラティーナ」

    「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。

  • Web版 2024年6月

    2024年6月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには定期購読マガジンの「ラティーナ」(月額900円)の方をご購入ください。 (※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

  • Web版 2024年5月

    2024年5月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには定期購読マガジンの「ラティーナ」(月額900円)の方をご購入ください。 (※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ストア

  • 商品の画像

    アジア選手権2024 2日券前売りチケット(6/22&23)(こちらでの受付は終了し今後は当日券となります)

    2024/6/21追記 これ以降は当日受付にて販売いたします。 2024/6/19追記 ★6/22(土)開始時間が変更になりました! Jack&Jill部門のスタート時間は13時予定でしたが、11:30に変更になりました。ご注意ください! ★販売期間について 発送する場合には、6/19(水)16時までのご注文について対応いたします。 それ以降のご注文につきましては、会場でのお渡しとなります。なお、送料をその場でご返金いたします。 こちらからご購入できるのは、6/21(金)18時までといたします。 2024年アジア選手権のチケットです。 このチケットは、2日ともご入場できる2日券チケットとなります。 前方から5列目までのお席となります。 両日とも同じお席でご観覧いただけるお得なチケットです! タンゴダンスアジア選手権2024は、以下の日程で開催いたします。 2024年6月22日(土)、23日(日) 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール 1日目(22日)13:00スタート予定 Jack&Jill部門、ミロンガ部門、ワルツ部門、セニョール部門、ピスタ部門(予選のみ) 2日目(23日)10:30スタート予定 ステージ部門(予選〜決勝)、ピスタ部門(準決勝、決勝) campeonato2024
    9,000円
    latinaonline 株式会社ラティーナ
  • 商品の画像

    アジア選手権2024 2日目(6/23)前売チケット(こちらでの受付は終了し今後は当日券となります)

    2024/6/21追記 これ以降は当日受付にて販売いたします。 2024/6/19追記 ★6/22(土)開始時間が変更になりました! Jack&Jill部門のスタート時間は13時予定でしたが、11:30に変更になりました。ご注意ください! ★販売期間について 発送する場合には、6/19(水)16時までのご注文について対応いたします。 それ以降のご注文につきましては、会場でのお渡しとなります。なお、送料をその場でご返金いたします。 こちらからご購入できるのは、6/21(金)18時までといたします。 ★6/19現在、販売できるお席は17列目以降となります。それより前は完売です。 左右の端でしたら、前の方の列でも若干ご案内できます。 前の方でご観覧されたい場合は、2日券をご購入ください。 2024年アジア選手権のチケットです。 このチケットは、6/23(日)に開催される2日目のチケットとなります。 1日目のチケットではありませんので、ご注意ください! タンゴダンスアジア選手権2024は、以下の日程で開催いたします。 2024年6月22日(土)、23日(日) 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール 1日目(22日)13:00スタート予定 Jack&Jill部門、ミロンガ部門、ワルツ部門、セニョール部門、ピスタ部門(予選のみ) 2日目(23日)10:30スタート予定 ステージ部門(予選〜決勝)、ピスタ部門(準決勝、決勝) campeonato2024
    4,900円
    latinaonline 株式会社ラティーナ

記事一覧

[2023.2]【境界線上の蟻(アリ)~Seeking The New Frontiers~5】 アクサク・マブール(ベルギー)

文●吉本秀純 Hidesumi Yoshimoto  コノノNo.1、タラフ・ドゥ・ハイドゥークス、べべウ・ジルベルトなど。もっと遡れば80年代半ばにマハムド・アハメドの音源をリリース…

7

[2023.2]【太平洋諸島のグルーヴィーなサウンドスケープ㉛】 台湾原住民と日本を結んだ歌 ―「サヨンの鐘」の物語―

文●小西 潤子(沖縄県立芸術大学教授)  台湾と聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。まずは、身近な海外旅行先? ― タピオカミルクティ、小籠包、大鶏排(台湾唐揚げ…

6

~音楽をてがかりにラテンアメリカ地域にアプローチ~ 2023年度立教大学ラテンアメリカ講座受講生募集中!

2023年度立教大学ラテンアメリカ講座受講生募集中!~音楽をてがかりにラテンアメリカ地域にアプローチ~ 「ラテンアメリカ論Ⅰ(音楽)」 講師:石橋純(東京大学教授) *…

40

[2023.2] 【島々百景 第80回】 ブエノスアイレス② アルゼンチン

文と写真:宮沢和史  南米の国土の広い国々の地図を見ていると、長年培った日本的な “縮尺感覚” が当てはまらずに自分自身のサイズを見失うような感覚によく落ち入る。…

70

[2023.2]最新ワールドミュージック・チャート紹介【Transglobal World Music Chart】2023年2月|20位→1位まで【聴きながら読…

e-magazine LATINA編集部がワールドミュージック・チャート「Transglobal World Music Chart」にランクインした作品を1言解説しながら紹介します! ── ワールドミュージッ…

7

[2023.2]【連載 アントニオ・カルロス・ジョビンの作品との出会い㉟】荒野に拓かれた新首都お披露目の交響曲 - Brasília, Si…

文と訳詞●中村 安志 texto e tradução : Yasushi Nakamura  ジョビンがその頭角を現していった、1950年代。その後半、彼は、演劇オルフェのための音楽で成功を得た後…

253
[2023.2]【境界線上の蟻(アリ)~Seeking The New Frontiers~5】 アクサク・マブール(ベルギー)

[2023.2]【境界線上の蟻(アリ)~Seeking The New Frontiers~5】 アクサク・マブール(ベルギー)

文●吉本秀純 Hidesumi Yoshimoto

 コノノNo.1、タラフ・ドゥ・ハイドゥークス、べべウ・ジルベルトなど。もっと遡れば80年代半ばにマハムド・アハメドの音源をリリースして後のエチオピーク・シリーズに連なる流れを作ったりもしているのだが、常に先鋭的なワールド・ミュージックの送り手として数多くの作品を手がけてきたベルギーのクラムド・ディスク。その一方で、80年代には無国籍ニューウェ

もっとみる
[2023.2]【太平洋諸島のグルーヴィーなサウンドスケープ㉛】 台湾原住民と日本を結んだ歌 ―「サヨンの鐘」の物語―

[2023.2]【太平洋諸島のグルーヴィーなサウンドスケープ㉛】 台湾原住民と日本を結んだ歌 ―「サヨンの鐘」の物語―

文●小西 潤子(沖縄県立芸術大学教授)

 台湾と聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。まずは、身近な海外旅行先? ― タピオカミルクティ、小籠包、大鶏排(台湾唐揚げ)などのグルメが人気ですよね。昭和時代であれば、野球の王貞治、歌手のジュディ・オングやテレサ・テンなど有名人のお名前かも知れません。最近のニュースでは、台湾有事が気になるところ…。飛行機で沖縄本島からだと1時間半、日本最西端の与那国島か

もっとみる
~音楽をてがかりにラテンアメリカ地域にアプローチ~ 2023年度立教大学ラテンアメリカ講座受講生募集中!

~音楽をてがかりにラテンアメリカ地域にアプローチ~ 2023年度立教大学ラテンアメリカ講座受講生募集中!

2023年度立教大学ラテンアメリカ講座受講生募集中!~音楽をてがかりにラテンアメリカ地域にアプローチ~
「ラテンアメリカ論Ⅰ(音楽)」 講師:石橋純(東京大学教授)
*対面とオンラインのミックス型授業。
遠方の方もオンラインで受講できます。 

同講師による「スペイン語講読(上級・対面授業)」では、20世紀ラ米が生んだギターの世界的巨匠アリリオ・ディアス評伝を読みます。
スペイン語に自信のある方は

もっとみる
[2023.2] 【島々百景 第80回】 ブエノスアイレス② アルゼンチン

[2023.2] 【島々百景 第80回】 ブエノスアイレス② アルゼンチン

文と写真:宮沢和史

 南米の国土の広い国々の地図を見ていると、長年培った日本的な “縮尺感覚” が当てはまらずに自分自身のサイズを見失うような感覚によく落ち入る。例えば、川沿いにいくつか集落があったとして、経験値から川幅を参考に集落間の距離を推測してみようとするものの、実際はその何倍もの距離だったなんてことがよくある。

 アルゼンチンのブエノスアイレス市は海に面しているように見えるがそうではな

もっとみる
[2023.2]最新ワールドミュージック・チャート紹介【Transglobal World Music Chart】2023年2月|20位→1位まで【聴きながら読めます!】

[2023.2]最新ワールドミュージック・チャート紹介【Transglobal World Music Chart】2023年2月|20位→1位まで【聴きながら読めます!】

e-magazine LATINA編集部がワールドミュージック・チャート「Transglobal World Music Chart」にランクインした作品を1言解説しながら紹介します! ── ワールドミュージックへの愛と敬意を込めて。20位から1位まで一気に紹介します。

20位 Dimitris Mystakidis · Morsoレーベル:Fishbowl Music Tank [26]

1

もっとみる
[2023.2]【連載 アントニオ・カルロス・ジョビンの作品との出会い㉟】荒野に拓かれた新首都お披露目の交響曲 - Brasília, Sinfonia da Alvorada

[2023.2]【連載 アントニオ・カルロス・ジョビンの作品との出会い㉟】荒野に拓かれた新首都お披露目の交響曲 - Brasília, Sinfonia da Alvorada

文と訳詞●中村 安志 texto e tradução : Yasushi Nakamura

 ジョビンがその頭角を現していった、1950年代。その後半、彼は、演劇オルフェのための音楽で成功を得た後、ボサノヴァ興隆を経て、世界的に知られる存在へと飛躍していきます。

 こうした発展の途次にジョビンが産んだ大作でありながら、あまり知られていない曲があります。熱帯の高原を開拓し、1960年に完成した

もっとみる