e-magazine LATINA

広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)

e-magazine LATINA

広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)

    リンク

    マガジン

    • 世界の音楽情報誌「ラティーナ」

      「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。

    • Web版 2022年8月

      2022年8月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには定期購読マガジンの「ラティーナ」(月額900円)の方をご購入ください。 (※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

    • Web版 2022年7月

      2022年7月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには定期購読マガジンの「ラティーナ」(月額900円)の方をご購入ください。 (※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

    ストア

    • 商品の画像

      【予約|予約割引あり】ヂアナHP『ファゼール・イ・カンタール』|DIANA HP『FAZER & CANTAR』(MUSAS-7019)_LTNBR_

      【トニーニョ・オルタ】 

◼︎ヂアナ・オルタ・ポポフの音楽は特別だ。彼女の才能は彼女の音楽を好きにさせると同時に、彼女の音楽を守ろうと思わせる。この音楽を心から堪能しよう。【イヴァン・リンス】 ◼︎

彼女の音楽は永遠の魅力を備えています。そう、クルビ・ダ・エスキーナの夢のように...決して歳をとらない!【アンドレ・メマーリ】 ◼︎

ヂアナは、素晴らしい楽器奏者、作曲家となり、特に「クルビ・ダ・エスキーナ」を作った世代を魅了しました。私もそのうちの1人です。衝動的に彼女の共作パートナーとなりました。親愛なる共作パートナー、ヂアナに祝福あれ。【マルシオ・ボルジェス】
]]>
      2,244円
      latinaonline
    • 商品の画像

      【LP】フアン・フェルミン・フェラリス『JOGO』| JUAN FERMIN FERRARIS『JOGO』(YUNTA-JFF002LP)

      ※ラティーナ先行発売 【アルゼンチンからの輸入盤レコード。生産枚数が限られており、国内流通枚数は80枚になります】 曲目 A面 ①Cucina ②Driana ③Sacoa ④Luigi ⑤Vientito 
 B面 
⑥Lina ⑦Poncho ⑧El Brujo ⑨Festa ⑩Miyagi 録音メンバー Juan Fermín Ferraris - ピアノ Diego Amerise – コントラバス Pablo Bianchetto - ドラム 作曲、アレンジ、プロデュース:Juan Fermín Ferraris レーベル:Yunta ⎯⎯⎯⎯⎯⎯ 【ロング・インタビュー】 ピアノトリオによるコンテンポラリー・ジャズの傑作『Jogo』を発表したフアン・フェルミン・フェラリスに訊く https://e-magazine.latina.co.jp/n/n945f9e9a51b8 ⎯⎯⎯⎯⎯⎯  2014年にデビューしたクリバス(Cribas)は、2020年初頭の来日ツアーを経て、日本で今、最も受け入れられている現代アルゼンチンのグループの1つとなった。その中心人物、フアン・フェルミン・フェラリス(Juan Fermín Ferraris|ピアノ)の『35mm』に続くソロ名義2作目となるアルバムがリリースされる。伝統的ジャズ・トリオ編成でのオリジナル曲集だ。  ピアニスト兼作曲家であるフアン・フェルミン・フェラリス以外のトリオの他のメンバーは、クリバスでも一緒に活動するディエゴ・アメリセ(Diego Amerise|コントラバス)と、セッション・ドラマーのパブロ・ビアンチェット(Pablo Bianchetto|ドラム)。  ブラッド・メルドー(Brad Mehldau)、マリオ・ラジーニャ(Mário Laginha)、アビシャイ・コーエン(Avishai Cohen)、シャイ・マエストロ(Shai Maestro)など、ここ数年で発表された世界のモダン・ジャズ・トリオの音楽に大きな影響を受けつつも、このトリオは、ラテンアメリカ民族音楽、ロック、現代音楽、ワールドミュージックと強くリンクし、またジャズ史におけるスタンダード楽曲とは曲の構造、アコースティック楽器の音色、即興演奏という要素において一線を画したアプローチとなっている。  本作のタイトルは、「遊び」を意味するポルトガル語の「Jogo」であり、遊びの中で生まれる音楽に新たな価値を見出すという試みを行っている。このトリオは、繊細さ、親密さを損なわず、絶妙な遊び心を、演奏に内包している。ワールド・ジャズ / ラテン・ジャズの新しいアプローチを披露した極めて良質なアルバムが届けられた。
      4,208円
      latinaonline

    記事一覧

    [2021.04]日本のラテンシーンを作ってきた人たち〜ブラジル音楽編《特別編》〜

    文●中原 仁 text by JIN NAKAHARA  本エントリーは、5/5(水)からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。  「日本のラテンシーン…

    [2021.04]ラティーナ流 おいしいワールド・レシピ⑨ ブラジル料理 タブーレ(挽き割り小麦のサラダ)〜Tabule…

    文と写真●東 千都(ラティーナ編集部)  本エントリーは、5/5(水)からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。   今月はブラジル…

    [2021.04]【太平洋諸島のグルーヴィーなサウンドスケープ⑨】こうして、ミステリーツアーが始まりました ―パプアニューギニア…

    文●小西 潤子(沖縄県立芸術大学教授)  本エントリーは、5/5(水)からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。   パプアニューギ…

    [2021.04]1968年の5月に『Tropicália』がリリースされました。名曲「Baby」を紹介します【ブラジル音楽の365曲】[4/26〜5/2…

    面白くてタメになる1日5分の音楽鑑賞「ブラジル音楽の365曲」[4/26〜5/2] 文:花田勝暁(編集部) 3月1日から「ブラジル音楽の365曲」をスタート。  ブラジル音楽やブ…

    [2021.04]【連載 アルゼンチンの沖縄移民史⑤】移民女性の経験

    文●月野楓子  前回の連載を書き上げた直後の3月8日は「国際女性デー」であった。この数年は日本でも新聞で特集が組まれたり、テレビやネットのニュースでも取り上げら…

    [2021.04]【島々百景 第59回】 秋田県 その2

    文と写真●宮沢和史  自分は生まれた時から身体が弱く、小児喘息を患っていて、かかりつけの内科の先生からは “風邪の神様” というありがたい汚名を授かり、発育も遅く…

    [2021.04]日本のラテンシーンを作ってきた人たち〜ブラジル音楽編《特別編》〜

    [2021.04]日本のラテンシーンを作ってきた人たち〜ブラジル音楽編《特別編》〜

    文●中原 仁 text by JIN NAKAHARA

     本エントリーは、5/5(水)からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。 

    「日本のラテンシーンを作ってきた人たち~ブラジル音楽編」を2回にわたって書きながら、脳内を駆け巡っていたことがある。時代と共に、ブラジルと日本の音楽家同士の交流を通じ、いわゆる "ブラジル音楽" の枠に収まりきらない、シンプルに "

    もっとみる
    [2021.04]ラティーナ流 おいしいワールド・レシピ⑨ ブラジル料理 タブーレ(挽き割り小麦のサラダ)〜Tabule〜

    [2021.04]ラティーナ流 おいしいワールド・レシピ⑨ ブラジル料理 タブーレ(挽き割り小麦のサラダ)〜Tabule〜

    文と写真●東 千都(ラティーナ編集部)

     本エントリーは、5/5(水)からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。 

     今月はブラジル料理のサラダをご紹介します。キビ(Kibe)と呼ばれる挽き割り小麦に、シュラスコで出てくるヴィナグレッチ(Vinagrete)を和えたヘルシーなサラダです。

    [2021.04]【太平洋諸島のグルーヴィーなサウンドスケープ⑨】こうして、ミステリーツアーが始まりました ―パプアニューギニア in 1993―

    [2021.04]【太平洋諸島のグルーヴィーなサウンドスケープ⑨】こうして、ミステリーツアーが始まりました ―パプアニューギニア in 1993―

    文●小西 潤子(沖縄県立芸術大学教授)

     本エントリーは、5/5(水)からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。 

     パプアニューギニアと聞いて、どんなイメージが浮かびますか?テレビ番組で紹介される「不思議の国」?それとも、ギニア共和国と名前が似ているのでアフリカ??―パプアニューギニアは、地理的にはインドネシアの東、オーストラリアの北、ニューギニア島の東半分と

    もっとみる
    [2021.04]【連載 アルゼンチンの沖縄移民史⑤】移民女性の経験

    [2021.04]【連載 アルゼンチンの沖縄移民史⑤】移民女性の経験

    文●月野楓子

     前回の連載を書き上げた直後の3月8日は「国際女性デー」であった。この数年は日本でも新聞で特集が組まれたり、テレビやネットのニュースでも取り上げられるようになってきた。人生の諸先輩方による時代錯誤の発言には毎度驚かされるが、日本における積年のジェンダー問題は確実に社会に共有されるようになってきたと言えるだろう(もちろんそれは、これまで異議を唱え議論を続けてきた別の諸先輩方の闘いの功

    もっとみる
    [2021.04]【島々百景 第59回】 秋田県 その2

    [2021.04]【島々百景 第59回】 秋田県 その2

    文と写真●宮沢和史

     自分は生まれた時から身体が弱く、小児喘息を患っていて、かかりつけの内科の先生からは “風邪の神様” というありがたい汚名を授かり、発育も遅く、身体も小さく幼稚園をよく休んだ。小学校1〜2年生まではそんな調子だったのだが、3年生になり、高学年の先輩との集団登校が終わると近所に住むある同級生がよく声をかけてくれるようになり、登下校を共にする時間がひとつの楽しみになった。荒川とい

    もっとみる