e-magazine LATINA

広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの…

e-magazine LATINA

広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)

リンク

マガジン

  • 世界の音楽情報誌「ラティーナ」

    「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。

  • Web版 2024年6月

    2024年6月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには定期購読マガジンの「ラティーナ」(月額900円)の方をご購入ください。 (※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

  • Web版 2024年5月

    2024年5月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには定期購読マガジンの「ラティーナ」(月額900円)の方をご購入ください。 (※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ストア

  • 商品の画像

    アジア選手権2024 2日券前売りチケット(6/22&23)(こちらでの受付は終了し今後は当日券となります)

    2024/6/21追記 これ以降は当日受付にて販売いたします。 2024/6/19追記 ★6/22(土)開始時間が変更になりました! Jack&Jill部門のスタート時間は13時予定でしたが、11:30に変更になりました。ご注意ください! ★販売期間について 発送する場合には、6/19(水)16時までのご注文について対応いたします。 それ以降のご注文につきましては、会場でのお渡しとなります。なお、送料をその場でご返金いたします。 こちらからご購入できるのは、6/21(金)18時までといたします。 2024年アジア選手権のチケットです。 このチケットは、2日ともご入場できる2日券チケットとなります。 前方から5列目までのお席となります。 両日とも同じお席でご観覧いただけるお得なチケットです! タンゴダンスアジア選手権2024は、以下の日程で開催いたします。 2024年6月22日(土)、23日(日) 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール 1日目(22日)13:00スタート予定 Jack&Jill部門、ミロンガ部門、ワルツ部門、セニョール部門、ピスタ部門(予選のみ) 2日目(23日)10:30スタート予定 ステージ部門(予選〜決勝)、ピスタ部門(準決勝、決勝) campeonato2024
    9,000円
    latinaonline 株式会社ラティーナ
  • 商品の画像

    アジア選手権2024 2日目(6/23)前売チケット(こちらでの受付は終了し今後は当日券となります)

    2024/6/21追記 これ以降は当日受付にて販売いたします。 2024/6/19追記 ★6/22(土)開始時間が変更になりました! Jack&Jill部門のスタート時間は13時予定でしたが、11:30に変更になりました。ご注意ください! ★販売期間について 発送する場合には、6/19(水)16時までのご注文について対応いたします。 それ以降のご注文につきましては、会場でのお渡しとなります。なお、送料をその場でご返金いたします。 こちらからご購入できるのは、6/21(金)18時までといたします。 ★6/19現在、販売できるお席は17列目以降となります。それより前は完売です。 左右の端でしたら、前の方の列でも若干ご案内できます。 前の方でご観覧されたい場合は、2日券をご購入ください。 2024年アジア選手権のチケットです。 このチケットは、6/23(日)に開催される2日目のチケットとなります。 1日目のチケットではありませんので、ご注意ください! タンゴダンスアジア選手権2024は、以下の日程で開催いたします。 2024年6月22日(土)、23日(日) 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール 1日目(22日)13:00スタート予定 Jack&Jill部門、ミロンガ部門、ワルツ部門、セニョール部門、ピスタ部門(予選のみ) 2日目(23日)10:30スタート予定 ステージ部門(予選〜決勝)、ピスタ部門(準決勝、決勝) campeonato2024
    4,900円
    latinaonline 株式会社ラティーナ

記事一覧

[2023.5]【境界線上の蟻(アリ)~Seeking The New Frontiers~8】ティナリウェン (マリ共和国)

文●吉本秀純 Hidesumi Yoshimoto  2000年代以降のアフリカ音楽において、最もセンセーショナルな動きの1つとして注目を集め続けてきたのがサハラ砂漠周辺から台頭して…

11

[2023.5]最新ワールドミュージック・チャート紹介【Transglobal World Music Chart】2023年5月|20位→1位まで【聴きながら読…

e-magazine LATINA編集部がワールドミュージック・チャート「Transglobal World Music Chart」にランクインした作品を1言解説しながら紹介します! ── ワールドミュージッ…

7

[2023.5]【島々百景 第83回】 第二節 あとがきにかえて

●文と写真:宮沢和史  以前、この『島々百景』をまとめて書籍化したのだが、あれから時が流れ、一定数のページが貯まり、このたび “第二節” として発表することになっ…

25

[2023.5]5年ぶりにアルバム『COVERS & INSTRUMENTALS』リリース! Saigenji インタビュー

文●東 千都(ラティーナ編集部)  Saigenjiのニューアルバム『COVERS & INSTRUMENTALS』が、6/7(水)に発売される。2018年リリースの前作『Compass』は年間ベストアル…

23

[2023.5]ブラジル初!性自認が女性のアーティスト限定プログラム「マーレス」、参加者のMAKOさんへインタビュー

文●島田愛加 2014年、念願のサンパウロ州立タトゥイ音楽院のポピュラー学科サクソフォン専攻に入学し、しばらくして音楽院の広報担当から「女子生徒を増やすためプロパガ…

25

[2023.5]【連載タンゴ界隈そぞろ歩き ③】 ギタロンってどんな楽器?

文●吉村 俊司 Texto por Shunji Yoshimura 4月29日、東京・雑司が谷のエル・チョクロにて、先日本誌にてご紹介したCD “KaZZma canta GARDEL” のリリース記念ライブが…

9
[2023.5]【境界線上の蟻(アリ)~Seeking The New Frontiers~8】ティナリウェン (マリ共和国)

[2023.5]【境界線上の蟻(アリ)~Seeking The New Frontiers~8】ティナリウェン (マリ共和国)

文●吉本秀純 Hidesumi Yoshimoto

 2000年代以降のアフリカ音楽において、最もセンセーショナルな動きの1つとして注目を集め続けてきたのがサハラ砂漠周辺から台頭してきた〝砂漠のブルース〟。マリ、ニジェール、リビア、アルジェリア、モーリタニアといった国々に分断されながら暮らすトゥアレグ人の間で独立と連帯を促しながら発展してきたその音楽は、着実にアフリカ音楽の勢力地図をも塗り替えて

もっとみる
[2023.5]最新ワールドミュージック・チャート紹介【Transglobal World Music Chart】2023年5月|20位→1位まで【聴きながら読めます!】

[2023.5]最新ワールドミュージック・チャート紹介【Transglobal World Music Chart】2023年5月|20位→1位まで【聴きながら読めます!】

e-magazine LATINA編集部がワールドミュージック・チャート「Transglobal World Music Chart」にランクインした作品を1言解説しながら紹介します! ── ワールドミュージックへの愛と敬意を込めて。20位から1位まで一気に紹介します。

20位 Naïssam Jalal · Healing Ritualsレーベル:Les Couleurs du Son [31

もっとみる
[2023.5]【島々百景 第83回】 第二節 あとがきにかえて

[2023.5]【島々百景 第83回】 第二節 あとがきにかえて

●文と写真:宮沢和史

 以前、この『島々百景』をまとめて書籍化したのだが、あれから時が流れ、一定数のページが貯まり、このたび “第二節” として発表することになった。まずはこの場を借りてe-magazine LATINAの編集部の皆さん、文中に登場してくださった方々、そして、何よりもこの連載を応援し購読してくださった方々に心からお礼を申し上げたい。

 宮沢がこれまで出会ってきたislandとし

もっとみる
[2023.5]5年ぶりにアルバム『COVERS & INSTRUMENTALS』リリース! Saigenji インタビュー

[2023.5]5年ぶりにアルバム『COVERS & INSTRUMENTALS』リリース! Saigenji インタビュー

文●東 千都(ラティーナ編集部)

 Saigenjiのニューアルバム『COVERS & INSTRUMENTALS』が、6/7(水)に発売される。2018年リリースの前作『Compass』は年間ベストアルバムに選ばれるなど好評だったが、本作はそれ以来5年ぶりのリリースとなる。ライヴで大事に歌い続けてきたカバー曲と、コロナ禍の隔離生活で作曲したインスト曲、若い頃に作曲し未発表だったインスト曲など全

もっとみる
[2023.5]ブラジル初!性自認が女性のアーティスト限定プログラム「マーレス」、参加者のMAKOさんへインタビュー

[2023.5]ブラジル初!性自認が女性のアーティスト限定プログラム「マーレス」、参加者のMAKOさんへインタビュー

文●島田愛加

2014年、念願のサンパウロ州立タトゥイ音楽院のポピュラー学科サクソフォン専攻に入学し、しばらくして音楽院の広報担当から「女子生徒を増やすためプロパガンダに出演してくれないか」と打診された。事情がわからず、なぜそんな必要があるのか聞いてみたら、どうやらブラジルでは楽器を演奏することは未だに男性の役目、あるいは特権だと思っている人が存在するというから驚いた。

慣れないポルトガル語生

もっとみる
[2023.5]【連載タンゴ界隈そぞろ歩き ③】 ギタロンってどんな楽器?

[2023.5]【連載タンゴ界隈そぞろ歩き ③】 ギタロンってどんな楽器?

文●吉村 俊司 Texto por Shunji Yoshimura

4月29日、東京・雑司が谷のエル・チョクロにて、先日本誌にてご紹介したCD “KaZZma canta GARDEL” のリリース記念ライブが行われた。

KaZZmaの歌もDuo Criollo(ギター福井浩気、ギタロン清水悠)の演奏も素晴らしく、とても楽しめたライブだった。この時個人的に注目したのがギタロンという楽器である

もっとみる