e-magazine LATINA

広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの…

e-magazine LATINA

広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)

リンク

マガジン

  • 世界の音楽情報誌「ラティーナ」

    「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。

  • Web版 2024年2月

    2024年2月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには定期購読マガジンの「ラティーナ」(月額900円)の方をご購入ください。 (※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

  • Web版 2024年1月

    2024年1月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには定期購読マガジンの「ラティーナ」(月額900円)の方をご購入ください。 (※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ストア

  • 商品の画像

    キンテート・デル・アンヘル『父アンヘルの愛した日本』|Quinteto del Ángel『Un Ángel en Japón』(MUSAS-7021)_LLTAR_

    いよいよ来日!2024年民音タンゴシリーズの来日記念盤です! 1.センチメンタルとカンジェンゲ Sentimental y Camyengue 2.ロス・マレアードス Los mareados 3.チェ・バンドネオン Che Bandoneon 4.天使のタンゴ Tango del Ángel 5.エスクアロ Escualo 6.アサバ−チェ Azabache 7.南に帰る Vuelvo a sur 8.ジェラシー Celos 9.ブエノスアイレスへの帰還 Siempre se vuelve a Buenos Aires 10.父アンヘルの愛した日本 Un Ángel en Japón ウンベルト・リドルフィ /リーダー、バイオリン&作編曲 ニコラス・エンリッチ / バンドネオン 作編曲 ビオラ・エリザベス・リドルフィ /ビオラ アドリアン・エンリケス / ピアノ・作編曲 マヌエル・ゴメス/コントラバス バネッサ・キロス /歌手 録音時期 2023年10~12月 録音場所:ブエノスアイレス イオン・スタジオ
    2,800円
    latinaonline 株式会社ラティーナ
  • 商品の画像

    グランミロンガ2024 座席指定(テーブル席)

    ★座席指定券の申込となります。 2/25(日)
 場所:青山スパイラルホール
  時間:15:00(Open)〜21:30(終了予定) 入場料:座席指定券(テーブル席・お土産付き) 13,000円      自由 前売 6,000円 当日 7,000円 出演: ◇楽団 キンテート・デル・アンヘル  ウンベルト・リドルフィ(リーダー、バイオリン)  アドリアン・エンリケス(ピアノ)  ニコラス・エンリッチ(バンドネオン)  マヌエル・ゴメス(コントラバス)  エリサベス・リドルフィ(ビオラ)  バネッサ・キロス(歌手) ◇ダンサー  ・カルラ&ガスパル  ・サブリーナ&エベル  ・ルシアーナ&フェデリコ ◇デモンストレーション  ・ファビアン・ペラルタ&ホセフィーナ  ・ディエゴ&アルダナ  ・クリスティアン・ソーサ&チズコ  ・ルシア&アレハンドロ 楽団による生演奏のショー、来日中のタンゴダンサーたち、また日本で活躍中のプロダンサーによるデモンストレーションも開催いたします。通常のコンサートとは異なり間近でダンスや演奏をご覧いただけるイベントとなります。
    13,000円
    latinaonline 株式会社ラティーナ

記事一覧

[2023.7]【境界線上の蟻(アリ)~Seeking The New Frontiers~10】V.A./中村とうよう 「世界こぶし巡り」+「こぶし地帯を行…

文●吉本秀純 Hidesumi Yoshimoto  2011年7月に音楽評論家の中村とうようさんが亡くなってから今年で13回忌を迎えたのを機に、かつてご自身のレーベルである≪オーディ…

e-magazine LATINA
6か月前
12

[2023.7]【追悼】 ジョアン・ドナートの軌跡を辿る 〜ボサノヴァとMPBの偉大なるマエストロ〜

文:中原 仁  また一人、ブラジル音楽の巨星が旅立った。作曲家・ピアニスト、ジョアン・ドナート(1934年8月17日~2023年7月17日)。享年88歳。年齢を思えば大往生だが…

e-magazine LATINA
6か月前
34

[2023.7]【追悼】 ジェーン・バーキンを抱きしめて

文●向風三郎  暗い日曜日。2023年7月16日朝、パリ6区アサス通りの自宅アパルトマンの中で食事の準備で来たヘルパーの女性が死亡した状態のジェーン・バーキンを発見した…

e-magazine LATINA
6か月前
30

[2023.7]【連載タンゴ界隈そぞろ歩き ⑤】 タンゴとエレキギター その2

文●吉村 俊司 Texto por Shunji Yoshimura 前回に続いてタンゴとエレキギターの界隈を歩き回る。ただし、ちょっと予定が狂って前回予告した内容を全部カバーしてはいな…

e-magazine LATINA
6か月前
10

[2023.7]最新ワールドミュージック・チャート紹介【Transglobal World Music Chart】2023年7月|20位→1位まで【聴きながら読…

e-magazine LATINA編集部がワールドミュージック・チャート「Transglobal World Music Chart」にランクインした作品を1言解説しながら紹介します! ── ワールドミュージッ…

e-magazine LATINA
7か月前
10

[2023.7]【中原仁の「勝手にライナーノーツ」㊱】 Maria Luiza Jobim『Azul』

文:中原 仁  アントニオ・カルロス・ジョビンの末娘、マリア・ルイーザ・ジョビンが6月23日、セカンド・リーダー・アルバム『Azul(アズール)』をデジタル・リリースし…

e-magazine LATINA
7か月前
14
[2023.7]【境界線上の蟻(アリ)~Seeking The New Frontiers~10】V.A./中村とうよう 「世界こぶし巡り」+「こぶし地帯を行く」(MELISMATA - A GREAT CIRCLE OF GRACE NOTES)

[2023.7]【境界線上の蟻(アリ)~Seeking The New Frontiers~10】V.A./中村とうよう 「世界こぶし巡り」+「こぶし地帯を行く」(MELISMATA - A GREAT CIRCLE OF GRACE NOTES)

文●吉本秀純 Hidesumi Yoshimoto

 2011年7月に音楽評論家の中村とうようさんが亡くなってから今年で13回忌を迎えたのを機に、かつてご自身のレーベルである≪オーディブック≫から発表していたコンピレーション盤が立て続けに復刻されている。青春篇/源流編/放浪編に分けられた3CDでボサノヴァの多角的な魅力に迫った『ボサ・ノーヴァ物語』、86年にLP2枚組の2セットで発表されていたも

もっとみる
[2023.7]【追悼】 ジョアン・ドナートの軌跡を辿る 〜ボサノヴァとMPBの偉大なるマエストロ〜

[2023.7]【追悼】 ジョアン・ドナートの軌跡を辿る 〜ボサノヴァとMPBの偉大なるマエストロ〜

文:中原 仁

 また一人、ブラジル音楽の巨星が旅立った。作曲家・ピアニスト、ジョアン・ドナート(1934年8月17日~2023年7月17日)。享年88歳。年齢を思えば大往生だが、近年も元気に活動を続けていただけに喪失感が大きい。謹んでご冥福をお祈り申し上げる。
 
 ボサノヴァの先駆者あるいは創始者に位置づけられることが多いドナートだが、そのことを裏づける音源は数少ない。むしろとくに今世紀の音源

もっとみる
[2023.7]【追悼】 ジェーン・バーキンを抱きしめて

[2023.7]【追悼】 ジェーン・バーキンを抱きしめて

文●向風三郎

 暗い日曜日。2023年7月16日朝、パリ6区アサス通りの自宅アパルトマンの中で食事の準備で来たヘルパーの女性が死亡した状態のジェーン・バーキンを発見した。二人の娘(シャルロット・ゲンズブールとルー・ドワイヨン)の翌日発表したコミュニケによると、16年という長い年月ジェーンは病気と闘っていたが、その数日間は再び歩けるようにもなっていて、キャンセル続きになっていたコンサート活動も再開

もっとみる
[2023.7]【連載タンゴ界隈そぞろ歩き ⑤】 タンゴとエレキギター その2

[2023.7]【連載タンゴ界隈そぞろ歩き ⑤】 タンゴとエレキギター その2

文●吉村 俊司 Texto por Shunji Yoshimura

前回に続いてタンゴとエレキギターの界隈を歩き回る。ただし、ちょっと予定が狂って前回予告した内容を全部カバーしてはいない。ピアソラのところに長居をしてしまったのだ。

オールマイティなギタリスト、カチョ・ティラオ1960年代にアストル・ピアソラが五重奏団を結成して以来、彼のアンサンブルの中でのエレキギターは他の楽器 (主にピアノ

もっとみる
[2023.7]最新ワールドミュージック・チャート紹介【Transglobal World Music Chart】2023年7月|20位→1位まで【聴きながら読めます!】

[2023.7]最新ワールドミュージック・チャート紹介【Transglobal World Music Chart】2023年7月|20位→1位まで【聴きながら読めます!】

e-magazine LATINA編集部がワールドミュージック・チャート「Transglobal World Music Chart」にランクインした作品を1言解説しながら紹介します! ── ワールドミュージックへの愛と敬意を込めて。20位から1位まで一気に紹介します。

20位 Hiram Salsano · Bucolica レーベル:Hiram Salsano [9]

19位 Frigg

もっとみる
[2023.7]【中原仁の「勝手にライナーノーツ」㊱】 Maria Luiza Jobim『Azul』

[2023.7]【中原仁の「勝手にライナーノーツ」㊱】 Maria Luiza Jobim『Azul』

文:中原 仁

 アントニオ・カルロス・ジョビンの末娘、マリア・ルイーザ・ジョビンが6月23日、セカンド・リーダー・アルバム『Azul(アズール)』をデジタル・リリースした。
 
 マリア・ルイーザ・ジョビンは1987年3月20日、父が60歳を迎えた年に生まれた。前年の真夏、父の初来日公演の際、バンダ・ノヴァのメンバーだった母アナ・ロントラのお腹の中にいたことになる。新作にも日本の曲がある。まずは

もっとみる